この文献を取り寄せる

このページのリンク

シュウキョウ シャカイシ ケンキュウ : リッショウ ダイガク シガッカイ ソウリツ ロクジッシュウネン キネン
宗教社会史研究 : 立正大学史学会創立六十周年記念 / 立正大学史学会編

データ種別 図書
出版者 東京 : 雄山閣出版
出版年 1985.11
形態 634, iiip ; 22cm
著者標目 立正大学史学会 編 <リッショウ ダイガク シガッカイ>
件 名 NDLSH:日本 -- 宗教 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC9:090
NDC8:162.1
書誌ID LT00812190

所蔵情報を非表示

2 中央4F 特別資料室川添文庫 090/KA98/2.10.2 5000000010408 9784639005292




書誌詳細を非表示

本文言語 日本語
内容注記 「宗教社会史」へのアプローチ : その概念と研究範囲への提言 / 高島正人著
律令地方財政における仏教関係費について / 山里純一著
『続日本紀』所見の (大) 赦記事 / 野口武司著
舂米運京について / 杉山宏著
神護寺梵鐘銘文小考 / 小山田和夫著
検非違使追捕活動拡大過程の一考察 : 特に衛府夜行と大索記事を手がかりに / 庄司浩著
平親範の信仰生活について / 平田俊春著
讃岐国善通寺領一円保差図について / 野中寛文著
日蓮遺文「問注得意抄」をめぐって : 日蓮伝の再検討 / 中尾堯著
伝統的祭祀と日蓮教団の展開 : 大村法華成立過程の一試論 / 池上尊義著
日蓮の教学とその実践 / 石川教統著
戦国時代の仏教と吉利支丹宗 / 妹尾啓司著
近世における庶民信仰の動向 : 日蓮宗の江戸諸講中を中心として / 北村行遠著
上総長南三途台長福寿寺の経営史的考察 / 坂本勝成著
木食観海とその造寺活動 : その経済的基盤について / 青木直己著
寛政法難の展開 : 幕府の宗教統制の一環として / 原日認著
佐久間象山の仏教観と日蓮観 / 石川教張著
近世以降における石鎚修験の展開 : 入峰修行を中心として / 西海賢二著
民衆駈入りの法的整合性 / 阿部善雄著
東晋朝と僑寓北人 : 白籍をめぐって / 大川富士夫著
宋代淅西地方における土神信仰の成立 / 金井徳幸著
海雲禅師とモンゴル印臂法 : 探馬赤軍の語義と関連して / 萩原淳平著
乾隆期のイスラム新教について / 伊瀬仙太郎著
近現代中国における善書と新生活運動 / 酒井忠夫著
キエフ-ロシアと異教徒ポロヴェツ人 / 木崎良平著
ウラヂミル一世のキリスト教改宗について / 延広知児著
ヴィルヘルム=ヴァイトリングにおけるキリスト教信仰の意味 / 石塚正英著
タイの仏足跡信仰 / 坂詰秀一著
東国横口式石槨考 / 池上悟著
古代水神祭儀・呪儀に関する墨書土器・刻書土器考 : 東北南部の資料を中心として / 大竹憲治著
土佐の題目式笠塔婆について / 岡本桂典著
富士塚考 / 野村幸希著
一般注記 立正大学史学会創立六十周年記念
巻冊次 2 ; ISBN:4639005296
目次/あらすじ

 類似資料